カードローンを利用していた本人死亡時

phm11_0520-s
カードローンを利用していて、本人死亡の時には借金はどうなるのでしょうか。
一般的にあまり知られていませんが、借金といったマイナスの財産も、プラスの財産同様法定相続人に持分に応じて相続されます。
そのため、例えば妻子ある男性がカードローンを利用しており、返済半ばにして本人死亡したときには、妻に2分の一、子供は2分の一を人数で割った割合で引き継がれることになります。
カードローンの債務を免れるためには、相続放棄や限定承認といった方法があります。
相続放棄とは、プラスの財産も含めてカードローンの支払い義務も放棄するというものですので、プラスの財産がほとんどない場合に手続きをします。
限定承認とは、相続したプラスの財産の範囲内でカードローンの返済をして、それ以外は免除してもらうという手続きです。
いずれも本人死亡か相続があることを知ってから三ヶ月以内に、裁判所に申し立てなければなりません。
一方、プラスの財産が多い場合には、何も手続きをせずに通常通り相続をして、借金をその遺産から返済するのが一般的です。

手続きの仕方が分からなければ、弁護士や司法書士といった専門家がアドバイスしてくれたり手続きを代行してくれますので、相談してみましょう。

2014年1月30日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

スタッフの対応に怖い思いをしない消費者金融

消費者金融を利用するとき、気になってしまうものにスタッフの対応があると思います。
というのも貸金業のイメージでスタッフの柄が悪く怖いものと思っている人が多いからです。
でも、それはテレビや映画の見すぎであり、ほとんどの消費者金融でスタッフの対応が悪いということはありません。

というのも消費者金融もサービス業であり、リピーターがつかないと経験が行き詰る可能性もあるのです。
だからこそ、スタッフの対応も笑顔が絶えず消費者の疑問や不安について親切で丁寧に説明してくれるわけです。
また、そもそもほとんどスタッフに面識することなく消費者金融でキャッシングを受けることも可能となっているのです。
なぜならば、申し込みや審査の手続きをインターネットと郵便で済ますことができるからです。
さらに融資されるとき、返済するときも銀行の口座を利用されたりコンビニのATMを利用できる消費者金融も数多くあるのです。

そのため、消費者金融のスタッフと対面せずに申し込みから返済まで、キャッシングサービスを利用している人も大勢いらっしゃいます。
だからスタッフの対応で怖い思いをすることはないため、安心して消費者金融を利用することができるでしょう。

2014年1月26日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

銀行や消費者金融のカードローンと総量規制

カードローンは色々な金融機関で取り扱っていますが、代表的なのは銀行や信販系、消費者金融などです。
このうち、消費者金融と信販系の会社のカードローンは、総量規制という制限がかけられています。
総量規制とは、利用者の年収の3分の一以上の融資をしてはいけないというもので、各業者ごとではなく、全てのカードローンやキャッシングの利用合計額が対象となります。
そのため、既にこの限度まで借り入れをしている人が新たにカードローンに申込んでも、融資を受けることはできないようになっています。
これは、多重債務になって支払いができなくなる人を減らすための措置ですが、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていますので、審査に通れば年収の3分の一以上の融資を受けることは可能です。
また、銀行に限らず、消費者金融等からの借り入れでも、不動産担保ローンや住宅ローン、おまとめローンなどの一部の借り入れについてはやはり対象外となっています。
さらに、専業主婦がカードローンを利用する場合には、夫の同意を得ることができれば、夫の年収と合算して、その収入の3分の一まで借り入れができるようにもなっています。
借り入れをする時の参考にしましょう

| Posted in: 未分類 | コメント非対応

カードローンで保険料が払えました

自営業をしていますが、子供がまだ学生なので生活は毎月ぎりぎりで、税金や保険料の滞納もしょっちゅうでした。

先日、保険会社からこれ以上滞納した失効するという連絡を受けましたが、すでに支払額は50万円を超えており、一括で払えるようなものではありませんでした。
私は持病がありますし、50代と高齢なため、今保険を執行しても新しく加入できるものはほとんどありません。
そのため、カードローンでとりあえず保険料を借りることにしました。
銀行や消費者金融のカードローン会社に事情を説明したところ、去年の売り上げがよかったことを加味して、両方合わせて50万以上の融資の都合をつけてくれました。
早速これで保険料を払い、首の皮がつながりましたし、カードローンの返済も2社で2万円もかからない金額になりましたので、何とか返済していけそうで安心しました。
カードローンというと、ギャンブルのために借りるものという印象がありましたが、今回のように目的別のローンがない場合、とても便利なものだというのがわかりました。
できるだけ今後このようなことは避けたいですが、また何か突発的な支出があったら、カードローンを利用することもあるかと思っています。

2014年1月19日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

オリエントコーポレーションの教育ローン

オリエントコーポレーションにも教育ローンがあるのをご存知でしょうか?オリコと提携した学校の入学金・授業料・教材費・実習費など学校に支払う費用に幅広く利用できます。
提携校は全国にある450以上の大学や1500以上の専門学校です。

契約者への入金ではなく、直接、学校に立て替え払いがなされるので、安心して勉強に専念できます。
手続きは来店不要で24時間WEBから申込めます。

審査は最短1営業日で行われ、最短で2営業日以内に指定の学校に振り込まれます。
スピーディーな支払いが可能なので、たとえば、併願校の合格発表を待っていて、入学金納付の期限が迫っているといった場合に利用することも可能です。
利用できるのは学生の保護者または、社会人である本人です。
入学時だけでなく在学中でも利用可能です。
利用額は10万円以上500万円以下で、必要な時に必要な学納金を納めることができます。
通年分のほか、学校で指定された前期・後期の納入時期に合わせて都度申込も可能です。
金利は学校ごとに異なりますが返済期間中は固定されます。
返済は毎月一定額の通常返済のほか、家賃や仕送りなども嵩む在学中は少なく、教育費の支出がなくなった卒業後に多くするステップアップ返済、在学中は保護者、卒業後は本人が支払う親子リレー返済から選べます。

2014年1月9日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

コンビニ系でも、ブラックでもクレジットカードが作りやすい

他には、コンビニ系でも、ブラックでもクレジットカードが作りやすくなっております。
昔はコンビニといえば、ニコニコ現金払いというのが一般的でした。
そもそもコンビニでのお買い物というのは、スーパーと違ってあまり高額な買い物はしません。
500円程度の場合が多いので、そんな状況でクレジットカードというのもどうか、と思ってしまいますよね。
しかし最近では、コンビにでも様々なカードに対応したり、発行したりしています。
電子マネーに対応するコンビニが多くなってきました。
そして、ポイントカードを持つコンビニも多くなり、利用するごとにポイントがたまるようになってきました。
その中でも、あるコンビニ系クレジットカードが人気が高くなっております。
ポイントカードがジョイントされたクレジットカードで、コンビニで申し込むことができます。
過去にブラックの方がこのコンビニのクレジットカードを申し込んだところ、無事に通過をしたとの話がありました。

信用情報機関に情報の開示をしたところ、いずれの信用情報機関にも情報はありませんでした。
つまり、ブラックの「喪が明けていた」ということになります。

もちろん、喪が明けていれば審査にも通りやすくはなりますが、必ずしも現役ブラックが通らないというわけではありません。
smbl068-s

2013年12月14日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

生活費が少し足りないので消費者金融利用

私は、20代で派遣社員をしているので、月々にもらえる給料では、生活をしていくのがギリギリなので、親戚の結婚式などの急な出費があると家賃や生活費が足りなくなってしまうので、今回消費者金融に5万円程度借りることにしました。
消費者金融を利用するのは初めてでしたが、雰囲気も良かったので、5万円程度の額でも気持ち良く借りることが出来ました。

書類に必要事項を記入して、本人の在籍などを確認して、完了なので消費者金融に行ったその日に融資が受けられました。
おかげで家賃を滞納せずに済みましたし、余ったお金を生活費に回すことが出来るのでとても役に立ちました。

今後も生活費や家賃に困ったときは、消費者金融に融資してもらうつもりです。
やはり急な出費などの場合に即日で融資してもらえるということが、消費者金融の大きなメリットであるとわかりました。

家賃などの場合には本当に一刻の猶予も許されないということもあるので、いざというときにすぐに利用できることは本当に助かります。

また利率も思ったほど高くは無いので、月々の返済額もあまり負担にはなりません。
これからも返済できる範囲で、計画的に消費者金融を利用していくことが大切だと感じました。

2013年12月11日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

バンクベスト(おまとめタイプ)の審査から融資の流れ

東京スター銀行のバンクベスト(おまとめタイプ)は、総額500万円までの複数のローンをまとめて完済を目指すためのローンです。
smbl071-sまとめられる債務は銀行や貸金業者の無担保ローンで、申込は満20歳以上65歳未満の正社員または契約社員で年収が200万円以上あることが必要です。

預金連動型のローンではないので、東京スター銀行の口座は不要です。
ただし、借入および返済は全てインターネットで行うことが条件のため、インターネットバンキングのできる銀行口座を用意しなければなりません。
金利は14.8%です。
まとめられる借入金額は30万円以上500万円以下で、申込時点での借り換え対象ローン残高の範囲内に限られます。
利用限度額は一律30万円となっています。
利用限度額がローン残高を上回った場合には、繰り返し借入ができますが、利用限度額がローン残高を超えている場合は返済専用となります。
インターネットまたは電話で仮審査を申込の後、郵送にて契約書類が交わされるので、来店は不要です。

なお、融資実行後の既存債務の返済は各自行うことになりますが、信用情報機関への照会が行われ返済状況がチェックされます。
返済の事実が確認できなかったり、返済能力が低下した判断されると、利用限度額の減額や新たな借入れが中止されることがあります。

2013年11月21日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

カードローンで欲しい服を購入した体験談

東京都の都下で自営業の仕事を初めて10年が経ち、どうにか生活も安定してきました。

始めはなかなかうまくいかなくて苦労の日々でしたが、どうにか波を乗り切ってホッとしています。
今まで余裕が無かったのでなかなか欲しいものを買う余裕が無かったので、思い切って購入することにしました。
雑貨やインテリアは大方揃ったので服を調べていたら、サイというブランドの服が目に止まりました。

クラシックモダンが融合したデザインにすっかり惹かれてしまい、購入しようと思ったのですが、一式そろえるとかなりの金額になることに気づきました。
しかしどうしてもサイの服をあきらめきれなかったので、カードローンを利用してお金を借りる事にしました。

カードローンの手続きの方法など全く分からなかったので少々不安でしたが、受付の方の説明が丁寧だったので難なく手続きを終えることが出来ました。
カードローンで手に入れたお金でサイの服を購入出来たので大満足です。
カードローンを利用するにあたって不安だった金利に関しても、想像より大分低かったので一安心。
どうしても欲しいものがあってお金が足りないときは、カードローンの存在は大変心強いです。
これからも困ったら利用しようと思いました。

2013年11月12日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応

消費者金融でいくらまで借金出来るか

消費者金融ではいくらまで借金を出来るかという、利用制限枠はあります。
原則として、消費者金融では借金総額が年収の3分の1を超えて借入は出来ないようになっています、総量規制というものがあり、借金総額や利息に関していくらまで利用出来るかの決まりが設定されているのです。
返済専用のおまとめローン等では年収のの3分の1を超えた借金も可能ですが、基本的に、いくらまで借金出来るかとなると年収の3分の1を基準に押さえておきましょう。
消費者金融は過去におまとめローおまとめロー高利貸おまとめローしと呼ばれた時代があり、その時の消費者金融利用者は利息があまりにも高く、返済計画が狂うと自己破産をする方も多く社会問題になっていました、そこで利息に制限をかけたり、借金総額に線引きをつけたりして、消費者金融で借金に苦しむ方を減らすようにしました。
基本的に借金額が増えていくと払うべき利息が増えますから、出来る限り早く返済するのが望ましく、消費者金融は利息制限で金利が低くなったとはいえ、安いものではありません。
完済までの期間が長引く程、支払総額が増える事になってしまいます、なので、時々完済してしまう癖をつけて、借金完済が終わっていないのに、新しく借金を行うという事をしていると、いつまでも利息を払う事になるので、注意して使いましょう。

2013年11月7日 | Posted in: 未分類 | コメント非対応